3DCG×プログラミング

ニュース

公開日:2024.3.3     

山口県長門市で
「みらいのおねんど特別教室」を開催

2024年3月3日山口県長門市の長門市しごとセンターにて、長門市在住の小学生を対象に「3D制作と3Dプリンター」を使ったデジタルモノづくり体験イベントを開催しました。

珍しい体験ができると即満員に

3Dが作れる!3Dプリンターが実際に見れる!とご案内の翌日には満席を迎えるほど大盛況。

目の前で動く3Dプリンターに興味津々

3DプリンターってテレビやYoutubeでよく見る機会が増えてはきましたが、本物は見たことがない!見てみたい!と実際に目の前で動く3Dプリンターに子供たちの目がキラキラ輝く姿がとても印象的でした。

集中力に驚かされる

今回の講座の時間は「2時間」と日頃45分〜50分の授業を行う子供たちにとっては、非常に長い体験時間であるにも関わらず、そんなことはお構いなし。
子供たちの集中力は切れることなく、2時間でも時間が足りない、もっとやりたい!
「こんなにも集中できるなんて・・・」同伴した保護者様も驚きの様子。

大人顔負けの適応力と創造力

子供たちが当日使用したソフトはデジタルねんど「ZBrush」という3Dモデリングソフト。
この「ZBrush」はプロも使用する3Dモデリングソフトで、日常生活の中で子供たちは当然ながら触れる事も、見た事もない。

にも関わらず、使い方を覚えた途端「子供たちは各々の頭の中にあるイメージをZBrushで描き出す。」

日頃より教室に通う子供たちをたくさん見ている私達にとっては当たり前の光景でも、パソコンすら使ったことがない子供たちがペンタブレットと本格的な3Dモデリングソフトを使って、オリジナルのキャラクターを作り始める。

子供たちの適応力と創造力に毎度のように驚かされます。

知ってからがスタート

知らない、見た事もない、体験したこともない。
そんな状態から新しいアイデアが生まれてくることは考え辛いものです。

子供たちは新たな体験することで、ようやくそこから体験で知ったことをもとに、新たなアイデアや困難な問題を解決するためのアイデアを考える事が出来る礎が出来ると考えているため、全国各地に足を運び「デジタルのモノづくり体験」を届けています。

主催:長門市
運営:NPO法人つなぐ、株式会社SonoSaki

みらいのおねんど教室では、子供向けのデジタル×モノづくり体験イベントを全国で実施しています。
ご興味・ご関心のある教育関係者様、企業様、まずはお気軽にご連絡ください。
一緒に子供たちの未来の可能性を広げていきましょう。

ご連絡・ご相談はこちらからまたは下記よりご連絡お待ちしております。

株式会社SonoSaki(みらいのおねんど教室)
E-Mail:info@sono-saki.jp